« ご当地キティ 山陰編 | トップページ | 柿の種 »

トラウマ

私は月に1度、喘息とアレルギーの診察で病院に定期的に通っています。
そこの病院は内科を診察する時に、どんな病気であれ診察前に
血圧を測るのが決まりになっています。
そこの病院の血圧計は機械式で腕を入れて上腕部で測るタイプのものです。
今まではなんて事なかったのに、ある事がきっかけで・・・。
それは4カ月ぐらい前に腕の入れ方が悪かったのか、エラーになってきちんと
測れなくて測り直した事があったんです。
それ以来、その事がトラウマになりその病院で測る時になると
「またエラーが出て測れなかったらどうしよう」って
思うようになってしまい、ものすごく緊張するようになったんです。
それから緊張のせいか急激に血圧が高くなってしまって・・・。
先生からも「最近血圧が高いね〜」と言われるハメに。
でも自宅で測ると全く正常なんです。まさにこれは以前のブログでも
書いたのですが「白衣高血圧」なんです。
白衣高血圧(はくいこうけつあつ)は、病院の診察室などで普段よりも高い血圧が計測される現象をいう。白衣症候群、ホワイトコート症候群とも。
血圧は自律神経系の作用で変化し、自律神経系の作用は精神状態に左右される。そこで、家庭での計測では正常血圧であっても、診察室に入り医師や看護師を目の前にすると緊張し、血圧が上昇することがある。白衣高血圧による誤診を避けるには、本人の慣れや医療スタッフの態度、医院/病院の構造などへの配慮が必要だが、現在では家庭用の血圧計が安価で販売されているので、これを用いて家庭で常日頃血圧を測定する習慣をつけることも有用である。

うちの主人もそうで、とうとう自分も。。病院で測る前に大丈夫だ、落ち着こうって思っても
心臓がバクバク言って緊張してるのが自分でも分かるんです。
それ以来、病院で測ることがとっても嫌になり測らなくてもいい病院に転院したいほどです。

« ご当地キティ 山陰編 | トップページ | 柿の種 »

日々の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご当地キティ 山陰編 | トップページ | 柿の種 »

プロフィール

  • name: tama
    ダンナ様とニャンコと暮らしています。翔くん(嵐)が大好きな主婦です。

    メールはこちら→


    『○○大好き』ブログパーツ



    「I seek/Daylight」
    5月18日発売



    「復活LOVE」


    ↓趣味のキャンプHP

結婚記念日


2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リラックマ

無料ブログはココログ

blogram